中古キャンピングカージルの装備品検証>●エンジンの満足度

我が家の中古キャンピングカージルは、排気量3000ccの
ディーゼルエンジンを搭載しています。

エンジン馬力はなんと91馬力しかありません。

この非力なエンジンで、3トン近いキャンピングカーの車体を
走らせる訳ですから、速く走る事はとても望めません。

特に坂道発進や高速道路の長い登り車線などでは、登坂車線の
走行が必須です。

キャンピングカーに水や人を満載(家族四人・犬二匹・水120
リッター・燃料満タン)の状態では登坂車線を使ってアクセルを
ベタ踏みしても、時速60キロ程しかスピードが出ません。

高速道路上の最低速度違反で捕まるのではないかと心配する程です。

気になる燃費ですが、あまり無理な加速や運転をしなければ、
1リッターあたり7〜8キロは走行出来るので、75リッターの
燃料タンクを目一杯使えば500キロ以上の走行が可能です。

さらにうまく走れば600キロを越す距離を走る事ができた時も
あります。

信号待ちからのゼロ発進では、周りの普通乗用車の流れに付いて
いく事が出来ず、渋滞の元になったりもしますが、50キロ以上
のスピードが出れば、そこからの加速は周りの車と遜色ない感じです。

エンジンとは直接関係ありませんが、キャンピングカー自体の
総重量が重いため、ブレーキの効きが少し悪い気がするので、
あまりスピードは出せません。

前車との車間距離も十分に取って安全運転を心がけています。

【中古キャンピングカージルのエンジンの満足度は75%です】

馬力こそプアですが、燃費や丈夫さは折り紙付です。

12万キロ以上を走行していますが、定期的なオイルとオイルエレ
メントの交換だけで、特にトラブルもなく快調に使えています。

10万キロ走行時にタイミングベルトとウォーターポンプを交換し、
結構費用が掛かりましたが、調子を維持するためには仕方のない事
だと思います。

キャンピングカーは遠出をする車だけに、キャンピングカーの設備
自体の設備の故障より、ベース車両のトラブルは困りものです。

キャンピングカーで遠くに出掛け、帰りは家族と犬二匹を連れて
電車で帰宅などというのは最も避けたいパターンですね。

中古キャンピングカージルの装備品検証

中古キャンピングカー
●バンクベッドの満足度
●バンクベッド窓の満足度
●ルーフベントの満足度
●吊り棚の満足度
●室内照明の満足度
●サブバッテリーの満足度
●トイレの満足度
●シャワー装備の満足度
●排水タンクの満足度
●シンク装備の満足度
●FFヒーターの満足度
●水タンクの満足度
●エアコンの満足度
●サイドソファーの満足度
●対面対座シートの満足度
●床下収納庫の満足度
●コンロ用換気扇の満足度
●エントランスドアの満足度
●キーレスシステムの満足度
●LPガス装備の満足度
●温水装置の満足度
●3WAY冷蔵庫の満足度
●背面ラダーの満足度
●外部収納庫の満足度
●FRP屋根の満足度
●ルーフベントカバーの満足度
●トラック用タイヤの満足度
●鉄ホイールの満足度
●パートタイム4WDの満足度
●ATミッションの満足度
●フロアーの満足度
●COセンサーの満足度
●テレビ台の満足度
●車載ジャッキの満足度
●バックアイカメラの満足度
●個室ドアの満足度
●FRP塗装面の満足度
●下駄箱の満足度
●シートベルトの満足度
●マルチシェードの満足度
●フロアマットの満足度
●カムロードの満足度
●鍵の満足度
●エンジンの満足度
●運転席・助手席の満足度
●テールランプの満足度
●飲料水用タンクの満足度
●スペアタイヤの満足度
●高額サブバッテリーの満足度
●キャンピングカー総合満足度

その他

リンク募集中